国際・政治論壇・論調

企業に人権重視求める法案 独経済界から強い反発=熊谷徹

ドイツ企業は自社へ原料などを提供する企業への指導強化が義務付けられる(Bloomberg)
ドイツ企業は自社へ原料などを提供する企業への指導強化が義務付けられる(Bloomberg)

 ドイツ連邦政府は今年2月12日、大手企業に対し、外国の下請け企業が搾取を行わないよう指導することを義務付ける「サプライチェーン法案」を2023年に施行する方針を打ち出したが、経済界からは強い批判が上がっている。

 同国の保守系日刊紙『フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)』は2月12日付電子版で「同法が施行されると、従業員数が3000人を超えるドイツ企業は、原材料や半製品などを供給する企業への監視・指導強化を義務付けられる」と指摘した。

 具体的には「発展途上国のサプライヤーに対し、労働者の健康・安全を危険にさらす行為を避けるよう指導しなくてはならない。孫請け企業についても、ドイツ企業は人権監視団体などから『労働者の健康や安全を無視している』と指摘された場合には、調査しなくてはならない。同法は24年からは、従業員数が1000人を超える企業にも適用される」と報じている。

残り970文字(全文1359文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事