テクノロジー半導体 空前の特需

パワー半導体 自動車電動化で市場拡大 三菱電機、富士電機、ローム=津田建二

     パワー半導体とは1ワット以上の電力を扱う半導体のことで、モーターを駆動させたり、交流電力を直流に変えたり、あるいはその逆の変換を行ったりする。シリコン半導体の進化とともに取り扱える電圧は1000ボルト以上になり、産業機械や電車、バスなど大きな動力のモーターを動かすことができる。

     OMDIAの調査によると、パワー半導体の売り上げ世界上位10社の内、三菱電機、東芝、富士電機、ルネサスエレクトロニクス、ロームと5社を日本メーカーが占めている。日本メーカーは、自社およびグループ内に産業機械などの顧客がいる強みを生かして、産業用パワー半導体で優位を保っている。

     最近、パワー半導体が期待されているのは、電気自動車(EV)市場である。これまでの産業用のパワー半導体市場の年率の伸びは3~4%程度だった。しかし、EVで市場規模が一気に拡大する。EV用のパワー半導体市場は大きなモーターを動かすためのインバーター回路だけではない(図)。ブレーキを踏むと回生回路を通してバッテリーを充電するが、そのための充電回路や、ヘッドランプのLED化に必要なドライブ回路、始動発動…

    残り696文字(全文1175文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事