教養・歴史書評

『子どもの隠された貧困とスクールソーシャルワーカーの役割』 野尻紀恵著 大学図書出版 4950円

『子どもの隠された貧困とスクールソーシャルワーカーの役割』 野尻紀恵著 大学図書出版 4950円

 窮状をうまく外部に対して表現しえない者は、長らくその状態に耐えるしかない現実がある。その代表はやはり子供だろう。スクールソーシャルワーカーを務めてきた著者は、非行や不登校などの背景に「貧困」の存在を指摘する。子供の問題の背後には親の問題があり、それは通常の担任教師には「隠された」現実となってしまう。そこに丁寧に手を差し伸べるスクールソーシャルワーカーの仕事について、著者自ら経験した豊富な実例とともに解説する。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事