教養・歴史書評

『レンブラントの身震い』 マーカス・デュ・ソートイ著 新潮社 2750円

『レンブラントの身震い』 マーカス・デュ・ソートイ著 新潮社 2750円

 コンピューターが囲碁で人間の名人に勝つ時代。人間しか持たないと考えられてきた「創造性」をAI(人工知能)が獲得する日は来るのか? 著名な数学者がそんな疑問を基に、美術や音楽、文学の世界でのAI利用の最前線に迫る。AIにレンブラントの絵を学習させると、彼の作風に似た“新作”を生み出せるものの、真作を見た時に人々が覚えるおののきの“身震い”は引き出せないという。数多くの事例から著者が進める公平かつ深い洞察が刺激的。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事