教養・歴史書評

『まちづくり幻想』 木下斉著 SB新書 990円

『まちづくり幻想』 木下斉著 SB新書 990円

 政府が「地方創生」を叫んでも人口流出に歯止めが掛からない。混迷する地方再生の実態に全国でまちづくりに携わってきた著者が鋭く切り込む。「短期間で一発逆転できる活性化の起爆剤はない」「事例の横展開が失敗を大量生産する」など、さまざまな幻想を振り払い地道に取り組むべしと指摘。行政は振興計画を外注せず自前で策定し、地元企業のトップも逃げずに地域の未来を語るなど、基本とすべき考え方を示す。その壮絶な覚悟が胸を打つ。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事