教養・歴史アートな時間

映画 シカゴ7裁判 おかしくて大真面目な法廷劇 切れる頭と笑いの爆弾が同居=芝山幹郎

 第93回アカデミー賞の発表が間近だ。今年の本命は「ノマドランド」だが、異色の穴馬は「シカゴ7裁判」だろう。脚本賞と助演男優賞ぐらいは、獲(と)らせてあげたい。

 シカゴ7とは、ヴェトナム戦争反対を唱えた複数の集団のリーダーたちを指す。トム・ヘイデン(エディ・レッドメイン)やアビー・ホフマン(サシャ・バロン・コーエン)といった後年の文化的ヒーローも、なかに含まれる。1968年8月、彼らはシカゴで開かれた民主党全国大会のさなかにデモを組織し、警官隊と衝突した。

 共和党政権が誕生して5カ月後、彼らは暴動を煽(あお)ったとして共謀罪で起訴された。最初は8名が起訴されたのだが、ブラックパンサー党の指導者ボビー・シールだけは、異なった罪名で裁判を受けることになる。

残り943文字(全文1273文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事