教養・歴史アートな時間

舞台 仮名手本忠臣蔵 浄瑠璃 道行旅路の花聟 六段目 与市兵衛内 勘平腹切の場=小玉祥子

『仮名手本忠臣蔵 六段目』早野勘平=尾上菊五郎(平成25年11月歌舞伎座) 松竹提供
『仮名手本忠臣蔵 六段目』早野勘平=尾上菊五郎(平成25年11月歌舞伎座) 松竹提供

恋と忠義と行き違いの悲劇 音羽屋代々の洗練で愉(たの)しむ

 大名浅野内匠頭の吉良上野介への江戸城内での刃傷事件。これに端を発した浅野家旧臣「赤穂浪士」による吉良邸討入を題材にした「仮名手本忠臣蔵」は歌舞伎屈指の人気演目となった。大星由良之助(大石内蔵助)が指揮を執る仇討の主筋はもちろんだが、陰にある人間模様も作品の大きな魅力だ。中でも最も愛されてきたのが、おかる・勘平の悲劇だろう。

 東京・歌舞伎座の「五月大歌舞伎」第二部では、その勘平とおかるが登場する舞踊「道行旅路の花聟(はなむこ)」と六段目「与市兵衛内 勘平腹切の場」が上演される。塩冶(えんや)判官(浅野内匠頭)家臣の早野勘平は恋人で塩冶家腰元のおかると密会をしていたために判官の高師直(こうのもろのう)(吉良上野介)への刃傷の現場に居合わさなかった。勘平は不忠を恥じておかると駆け落ちし、おかるの実家に身を寄せた。「道行旅…

残り911文字(全文1303文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事