教養・歴史書評

『まとまらない言葉を生きる』 荒井裕樹著 柏書房 1980円

『まとまらない言葉を生きる』 荒井裕樹著 柏書房 1980円

「言葉が壊されている」と文学者である著者は憂う。ソーシャルメディアでは人の尊厳を傷つけ、存在を否定するような言葉が飛び交う。権力者や社会的立場のある人たちが説明を拒み、対立をあおる。そんな状況に抗するために紹介する18の言葉は、ほとんどがハンセン病、脳性まひといった障害や病気と共に生きる人たちのものだ。その言葉は、世に飛び交う言葉にいつのまにか自分の思考が縛られていることに気づかせ、緩めてくれるものだ。(A)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事