教養・歴史書評

『2035年「ガソリン車」消滅』 安井孝之著 青春新書 990円

    『2035年「ガソリン車」消滅』 安井孝之著 青春新書 990円

     日本経済を支える基幹である自動車産業。自動運転や電動化の開発競争に中国の企業やテスラ、GAFAら米国大企業も続々参入し、日本の遅れが懸念されている。「100年に1度」と言われる大改革の波は免れないものとして、さて日本のメーカーは今後どう対応したらいいのか。排出される二酸化炭素と吸収するそれを同量にしなければならない「カーボンニュートラル」という困難なゴールへの道筋を、現状の詳細な取材リポートと共に示す。(K)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事