教養・歴史書評

『教養としての日本地理』 浅井建爾著 エクスナレッジ 1650円

    『教養としての日本地理』 浅井建爾著 エクスナレッジ 1650円

     めくってもめくってもそこには日本地図。しかし記載された情報とデータは、見開きページごとにすべて異なり、通読することで現在の日本の姿が見えてくる。漠然とした少子化=人口減、ではなくもっときめ細かい視点での人口動態や、意外と知らない国土や地形のこと、行政区分と都市の移り変わり、自然、気候など、ビジュアルを伴う解説だからこそしっかりと理解できる。地理を通じてアップデートされた情報は、必ずビジネスでも役に立つはずだ。(K)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事