教養・歴史アートな時間

「セイジ・オザワ松本フェス」2年ぶり開催決定に込めた思い=梅津時比古

小澤征爾総監督 
小澤征爾総監督 

クラシック 2021セイジ・オザワ 松本フェスティバル=梅津時比古

小澤征爾総監督の熱意で2年ぶりに開催が決定

 日本における新型コロナウイルスのワクチン接種の遅れは音楽界にも大きな影響を及ぼしている。ドイツで今夏のバイロイト音楽祭開催が決まるなど、世界の音楽祭はコロナ禍から着々と回復しつつあるが、日本では大分県で5月に予定されていた別府アルゲリッチ音楽祭が急きょ、中止されるなど、感染対策の遅れが響いている。

 夏の音楽界最大の催し、長野県松本市で行われる「セイジ・オザワ 松本フェスティバル」も開催が危ぶまれていたが「こんな時期だからこそ生の音楽を届けたい」という小澤征爾総監督の熱意に長野県、松本市、スポンサーなどが協力し、できる限りの感染対策を施して実演することになった。昨年は中止されたので2年ぶりの開催となる。

残り959文字(全文1318文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事