教養・歴史書評

『なぜ、脱成長なのか』 ヨルゴス・カリスほか3人著 NHK出版 1540円

『なぜ、脱成長なのか』 ヨルゴス・カリスほか3人著 NHK出版 1540円

 歯止めの利かない気候変動。広がる一方の格差。改善されない長時間労働。資本主義の進展が必然的にもたらした弊害は、限界に達しつつある。そこで近年のキーワードとなっているのが「脱成長」だ。本書は、生態経済学や廃棄物問題などに取り組む4人が、そもそも脱成長とは何か、いかにして実現させるかを論じ合った提言集。ベーシックサービスやケア・インカムなどの概念が詳細に検討されている。いま注目の日本人論客・斎藤幸平氏による解説付き。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事