教養・歴史書評

『バイアスとは何か』 藤田政博著 ちくま新書 946円

『バイアスとは何か』 藤田政博著 ちくま新書 946円

「その意見、バイアスかかってる」などと言ったりする。認識がゆがんでいるというような意味だが、あらためてバイアスとは何かと問われたら答えるのは容易ではなく、正面から解説した本も見当たらない。そこで本書。人間の認知というものを深く見つめ、なぜバイアスが発生するのか、先行する研究者の成果も参照しつつ解き明かしていく。駆逐するべき対象としてではなく、うまく付き合いながら生きていくものとしてバイアスを語ってくれる入門書。(N)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事