教養・歴史書評

『幽霊消防団員 日本のアンタッチャブル』 高橋祐貴著 光文社新書 880円

『幽霊消防団員 日本のアンタッチャブル』 高橋祐貴著 光文社新書 880円

 地域の安全を支えるはずの消防団で深刻な不正がはびこっている実態を、毎日新聞記者が究明した。辞めたのに活動しているかのように装い、自治体から公金を受け取る「幽霊団員」。他にも公費を流用した飲み会や経費の水増し請求、団員間のいじめやパワハラなど、全国各地で問題行為のオンパレード。深い闇に気付いても行政は是正に及び腰。災害が続発する中、消防団の存在意義は高まっているはずなのにこの体たらく。激しい怒りがこみ上げる。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事