経済・企業グラフの声を聞く

株価世界一だったバブル期の夢と幻=市岡繁男

     1980年代末、東京の地価は山手線の内側だけで米国全土が買えるほど上昇していた。不動産が上がれば土地持ち会社の株価も上がる。当初は銀座などに資産を持つ会社が買われたが、そのうち東京湾岸に工場をもつ会社の株まで上がり始める。更にそんな「お宝」を探すべく、地図までバカ売れした。それは異常だと言う声もあったが、明日は今日よりも高い以上、正論を聞いていたら他社との競争に勝てない。巷(ちまた)にはそんな心理が蔓延(まんえん)し、土くれが黄金に変わるという戯曲「ファウスト…

    残り351文字(全文584文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事