【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史書評

『百間、まだ死なざるや』 山本一生著 中央公論新社 3960円

『百間、まだ死なざるや』 山本一生著 中央公論新社 3960円

 夏目漱石の門下生で『阿房列車』など名文家として著名な内田百間の評伝。日記や手紙など膨大な資料を当たり、陸軍や海軍の学校、法政大で教鞭(きょうべん)を執り相当の収入があったものの法外な借金を重ねた奔放な人生を明らかにする。頑固で変人の印象が強いが、実は人を呼んでごちそうするのが好きだったという。大学生が飛行機を操縦して訪欧するのを後押しするなど面倒見が良く、学生たちに慕われた。温かみを感じさせる意外なエピソードが満載だ。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事