教養・歴史書評

『百間、まだ死なざるや』 山本一生著 中央公論新社 3960円

    『百間、まだ死なざるや』 山本一生著 中央公論新社 3960円

     夏目漱石の門下生で『阿房列車』など名文家として著名な内田百間の評伝。日記や手紙など膨大な資料を当たり、陸軍や海軍の学校、法政大で教鞭(きょうべん)を執り相当の収入があったものの法外な借金を重ねた奔放な人生を明らかにする。頑固で変人の印象が強いが、実は人を呼んでごちそうするのが好きだったという。大学生が飛行機を操縦して訪欧するのを後押しするなど面倒見が良く、学生たちに慕われた。温かみを感じさせる意外なエピソードが満載だ。(W)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事