教養・歴史アートな時間

聴覚障害のヒロインに迫る殺人鬼…… 韓国製傑作サスペンス

©2021 pepermint&company & CJ ENM All Rights Reserved
©2021 pepermint&company & CJ ENM All Rights Reserved

映画 殺人鬼から逃げる夜 知恵と勇気と生存意思で奔走 聴覚障害のヒロイン描く=寺脇研

 コロナと政権の思惑に振り回された東京パラリンピックだったが、さまざまな障害を持つ選手たちが持てる力を発揮する姿には誰しも心を動かされただろう。ただ一方で、コロナ陽性のため隔離されたホテルで飲酒乱行の揚げ句、注意した老警備員に重傷を負わせた柔道選手まで出る始末には、いささか考えさせられた。

 そんな「強者」たちばかりではないことを、決して忘れてはなるまい。この映画のヒロインは聴覚障害を持ち、自分の意思を伝える術(すべ)は手話か筆談しかない。それでも、非正規雇用ながら企業のコールセンターに勤め、テレビ電話で受ける同じ障害のユーザーからの苦情を手際よく処理している。

残り924文字(全文1249文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事