教養・歴史書評

『くらしのアナキズム』 松村圭一郎著 ミシマ社 1980円

    『くらしのアナキズム』 松村圭一郎著 ミシマ社 1980円

     アナキズムといっても、革命で政府を転覆させる話ではない。国家なき社会を研究する人類学の視点から、人類は国家がなくても、むしろ国家権力から逃れて、自ら秩序を保ち力を合わせて生きてきたことを本書は描く。権力による強制がないなかで、どう自由と平等を実現するのか。共同体の意思決定は同意に基づき、民主的に行われる。市場は非日常の自由空間だ。政治や経済が息苦しさを増す現代、アナキズムは自分たちの力を取り戻す足場になる。(A)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事