教養・歴史書評

『公害スタディーズ』 安藤聡彦、林 美帆、丹野春香編著 ころから 1980円

『公害スタディーズ』 安藤聡彦、林 美帆、丹野春香編著 ころから 1980円

 私たちの生活は、さまざまな公害に苦しめられてきた。本書は、〈呼吸する〉に関連する公害として大気汚染、〈食べる〉では水俣病やイタイイタイ病、〈住む・働く〉でアスベストなど、日本の公害の13の実例を独自の視点でカテゴライズして検証する。被害者ばかりでなく多様な立場からの語りを収録し、公害についてどのような場所で学ぶことができるのか、参加型学習や映画会などの実践を紹介して、次世代に公害についての認識を継承しようと試みる。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事