教養・歴史書評

『イノベーション概念の現代史』 ブノワ・ゴダン著 名古屋大学出版会 3960円

『イノベーション概念の現代史』 ブノワ・ゴダン著 名古屋大学出版会 3960円

 現代社会を論じるにあたって、「イノベーション」という概念が使われる機会が多くなった。従来は「技術イノベーション」として流通していたこの概念は、今や経済や環境が抱える難問、気候変動や資源エネルギーの枯渇、老化や健康まで改善してくれる万能の切り札の感さえある。今年急逝したイノベーション概念史の第一人者である著者は、信仰の域にすら達した同概念の乱用を危惧し、その起源を問い、いかに商業化されるにいたったかを検証する。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事