教養・歴史書評

『歴史修正主義』 武井彩佳著 中公新書 924円

『歴史修正主義』 武井彩佳著 中公新書 924円

「〇〇はなかった」。こんなフレーズがネットや書店で目に入る。なんらかの意図で歴史を書き換えようとする「歴史修正主義」について、本書はホロコースト否定論を中心に系譜をたどり、学術的な検証を経た見直しとはどう違うのか、何が害なのかを論じる。過去を修正しつつ現在・未来を正当化する「歴史の政治利用」と指摘。論破されても繰り返し主張することで、人々に疑念の種を植え付ける点を問題視する。日本の現状を考えるうえで示唆に富む。(A)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事