教養・歴史書評

『警察庁長官』 野地秩嘉著 朝日新書 891円

『警察庁長官』 野地秩嘉著 朝日新書 891円

 全国30万人の警察官を統率する組織のトップ・警察庁長官。いま一つ知られていない職務の実態に著名ノンフィクション作家が肉薄。何者かに狙撃され瀕死(ひんし)の重傷を負った國松孝次氏ら元長官5人に直接インタビュー。キャリア官僚として阪神・淡路大震災への対応や暴力団新法制定などに当たり、長官就任後も時代の変化に合わせて警察の組織や権限を変革しようと苦闘してきた姿が浮かび上がる。できれば第三者の評価がもっと聞きたかった。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事