教養・歴史アートな時間

舞台 吉例顔見世大歌舞伎 寿曽我対面 父の仇を討つ兄弟の物語 三津五郎七回忌で長男が初演=小玉祥子

    「寿曽我対面」曽我五郎=坂東巳之助 松竹提供
    「寿曽我対面」曽我五郎=坂東巳之助 松竹提供

     歌舞伎に「曽我狂言」と呼ばれるジャンルがある。建久4(1193)年に将軍、源頼朝の催す富士の裾野の巻狩り(狩猟)で、曽我十郎、五郎の兄弟が、父(河津祐泰(すけやす))の敵、工藤祐経(すけつね)を討ち果たしたという仇(あだ)討ちに題材を得ている。その代表的な演目、「寿曽我対面」が東京・歌舞伎座の「吉例顔見世大歌舞伎」第2部で26日まで上演中だ。2015年に59歳の若さで没した十世坂東三津五郎七回忌追善狂言でもあり、三津五郎の長男、坂東巳之助が五郎を初役で演じる。

     舞台は工藤の館。祐経が頼朝から巻狩りの総奉行を命じられたことを祝うために大名たちが集まっているところに兄弟が現れて祐経に対面する。

    残り1001文字(全文1300文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事