教養・歴史書評

歴史書の棚 列車内で大衆の声を聞く 陰影に富む時間旅行=井上寿一

     今から80年前の1941年12月8日、真珠湾攻撃が始まった。そこからさかのぼること約10年前、日米戦争の勃発、国力比較の観点から日本の敗北、米国の「属国」化を予見する人たちがいた。

     彼らは機密情報を握る政府要人ではなく、在来線内の「純朴その物な村の年寄りの一団」の乗客だった。当時は、列車内で交わされる会話は、政治学者など研究者が大衆の本音に接することができる貴重な機会だったようだ。この「年寄りの一団」の車内の会話を記録したのは、原武史『歴史のダイヤグラム 鉄道に見る日本近現代史』(朝日新書、935円)によれば、5・15事件に関与した農本主義者の橘孝三郎である。

     本書は全5章のなかに、鉄道にまつわる79個のエピソードをちりばめている。

    残り540文字(全文861文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事