教養・歴史書評

『次はこうなる』 市岡繁男著 ICI.出版 1760円

『次はこうなる』 市岡繁男著 ICI.出版 1760円

 本誌連載「グラフの声を聞く」でおなじみの相場研究家・市岡繁男氏。3年に及ぶ連載をまとめ、独自のグラフをアップデートしてこの度、一冊の本に結実した。金利上昇を背景に続いた安定期は終わりを告げ、2030年に向けて「非常識」ともいえる大変化が起こると述べる著者。数々のハプニングを予測し、的中させてきただけに、その言葉には説得力がある。「グラフを読み解く」という行為が経済の理解にどう役立つのかを学べる絶好の機会でもある。(H)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事