教養・歴史書評

『教養としてのデジタル講義』 ハル・アベルソン他3人著 日経BP 2860円

『教養としてのデジタル講義』 ハル・アベルソン他3人著 日経BP 2860円

 社会のデジタル化は、コロナ禍の状況を迎えてますます加速している。MIT(マサチューセッツ工科大学)教授をはじめコンピューターとテクノロジーに精通した著者らは、爆発的に拡大するデジタルが人間の生活と仕事に及ぼす影響について警鐘を鳴らす。デジタルに隷属しないために必要なのは、今日起きているプライバシーの危機や個人情報の商業化などの状況を総合的に把握する視点を持ち、基礎知識を共有することだと述べ、解説してくれる。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事