教養・歴史書評

『ドードーをめぐる堂々めぐり』 川端裕人著 岩波書店 2970円

『ドードーをめぐる堂々めぐり』 川端裕人著 岩波書店 2970円

『不思議の国のアリス』に登場する絶滅鳥ドードー。実は江戸時代、日本にもオランダ船で長崎の出島に来ていた。驚きの事実を知った文筆家がその歴史を追った。長崎から欧州、果ては生息していたモーリシャス島まで題名通りの堂々めぐりを展開。ドードーが広く認識されているずんぐりむっくりした体形ではなく、すらりと活動的な姿だったとみられるなど、新発見が山盛り。日本でも生きていた痕跡を見つけたいとの著者の夢が実現してほしい。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事