教養・歴史アートな時間

愚かなふりして源氏再興めざす。中村家代々の得意役を演じる勘九郎=小玉祥子

    一条大蔵長成=中村勘九郎(平成24年3月平成中村座) 松竹提供
    一条大蔵長成=中村勘九郎(平成24年3月平成中村座) 松竹提供

    舞台 寿 初春大歌舞伎 一條大蔵譚 檜垣 奥殿

    源氏再興願い多彩な面を表出 代々の得意役を勘九郎演じる

     東京・歌舞伎座の1月公演「寿 初春大歌舞伎」の第1部で、中村勘九郎が「一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)」の「檜垣」と「奥殿」で一條長成(ながなり)を演じている。平家全盛の世を生き抜くために、あえて愚かな振りをして周囲の目をくらまし続ける公家の役だ。

     享保16(1731)年初演の人形浄瑠璃「鬼一法眼三略巻(きいちほうげんさんりゃくのまき)」の四段目部分の歌舞伎化で、勘九郎は今回で3度目になる。

    残り1069文字(全文1322文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事