経済・企業

中国製EVが大進化 高級車も格安車も世界へ輸出=湯進

    世界初の航続距離1000キロ超を実現した「アイオンLX」 筆者撮影
    世界初の航続距離1000キロ超を実現した「アイオンLX」 筆者撮影

    中国は世界標準へ 全価格帯でEVの完成度向上 新興も大手も輸出を急拡大=湯進

     世界の自動車メーカーにとって「難攻不落の市場」と呼ばれてきた日本にも、中国製の電気自動車(EV)が浸透しはじめている。経済産業省は2021年11月、中国のEVメーカー、BYDの「e6」を中国ブランドとしては初めて「CVE補助金(経済産業省・クリーンエネルギー自動車補助事業)」の対象として認めた。中国の大手、第一汽車も22年夏に日本にEVを投入する予定だ。足元では商用目的で中国製EVを輸入する日本企業が増えている。

     欧州でも、中国製の高級EVを輸入する動きがある。中国企業は自動車業界の電動化の潮流に乗り、海外進出を加速している。産業サプライチェーンの育成やコネクテッド・自動運転機能を備えた車両の登場で、中国製EVのグローバル競争力は確実に向上している。

    テスラに匹敵する3社

     中国のEV市場は、20年にトレンドが変わった。

     それ以前は、EVといっても配車サービスカーやタクシーなど営業車向けのエンジン車モデルを電動化しただけのクルマが大半。充電インフラの未整備、低品質のバッテリー、といった課題で販売が伸び悩んでいた。

     これを変えたのが価格30万元(約540万円)以上の「中大型・高級EVブーム」だ。火付け役は米テスラが上海市の自社工場ギガファクトリーで生産し始めた「モデル3」。さらに新興EVの代表格である3社、上海蔚来汽車(NIO)、小鵬汽車、理想汽車も新モデルを投入した。いずれも、ソフトウエアと通信機器を搭載し、自動運転やエンターテインメントなどの機能を使いやすくしたスマートカーだ。その完成度は高く、3社には「欧州車や日本車とも競い合える」という自信が見える。

     例えば、目的地や娯楽・情報サービスの案内は、車載AI(人工知能)が会話しながら教えてくれる。運転席での操作もスマートフォンと連動している。3社の21年1~11月の販売台数合計は前年比3倍の約24万台となり、テスラの中国販売台数に匹敵する規模だ。

     中間価格帯の大衆向けEV市場を開拓しようとする戦略がうかがえるのが、中国の自動車大手だ。広州汽車傘下の広汽埃安新能源汽車は、21年11月の広州モーターショーで、EVで世界初となる航続距離1000キロ超の高級モデル「アイオンLX」を公開した。航続距離を伸ばすために電池搭載量を増やすのではなく、高いエネルギー密度を維持できる小型電池技術を開発。消費者が最も気にする航続距離を改善した。

     低価格・小型EV市場は、上汽通用五菱汽車(上海汽車、米GMが出資)が投入した50万円程度の小型EV「宏光MINI」が中国のEV販売台数でトップをひた走る。最高時速100キロの4人乗りで、家庭用コンセントから充電できる。安全装備は切り詰め、エアコンもオプションだ。中価格帯にも手が届かなかった低所得層にとって格安EVは…

    残り1174文字(全文2374文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事