教養・歴史書評

『金融サービスの未来』 新保恵志著 岩波新書 990円

『金融サービスの未来』 新保恵志著 岩波新書 990円

 銀行は近年変容してきた。投資信託や保険商品の販売では顧客に不利な商品を説明せずに売り、手数料を稼ぐ。肝心の融資でも信用保証頼りで目利き力が失われ、審査書類を改ざんするスルガ銀行の不祥事も起きた。人口減やマイナス金利の苦境を脱するうえで地銀の集約が唱えられるが、経営効率化が主眼で顧客は置き去りだ。フィンテックで競合相手が登場するなか、企業情報を集積し、より良い金融サービスを提供する原点に立ち戻るよう訴える。(A)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事