教養・歴史書評

『ミクロ経済学入門』 竹内健蔵著 有斐閣 1650円

『ミクロ経済学入門』 竹内健蔵著 有斐閣 1650円

 家計や企業などを最小単位とし、消費行動、取引を分析するミクロ経済学。その重要性を認識しつつ何冊かに手を伸ばしたものの、難解で挫折した経験をお持ちの方も多いのではないだろうか。本書は、三つのキャラクターを設定し、会話口調で消費や生産、市場メカニズムなどについて分かりやすく説明している点に特長がある。全編を貫くキー概念として「幸せ」を掲げているのも親しみやすく、苦手意識を持った人にはうれしい好著である。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事