教養・歴史書評

『保険業界2.0』 野口俊哉著 きんざい 1650円

『保険業界2.0』 野口俊哉著 きんざい 1650円

 対面せずに販売するダイレクト型の生命保険が飛躍し、その後、コロナ禍の影響でインターネット系の生保会社が売り上げを伸ばした。しかし、著者は、商品開発競争の激化や低金利環境、自然災害の多発など保険の観点からするとネガティブ要因が多く、保険業界は大きな曲がり角の時代に来ているとの認識を示す。現状を変革しなければ淘汰(とうた)されてしまうこのような事態を「保険業界2.0」と名付け、業界の今後の方向と生き残りのすべを模索する。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事