教養・歴史書評

『はじめて学ぶ環境倫理』 吉永明弘著 ちくまプリマー新書 902円

『はじめて学ぶ環境倫理』 吉永明弘著 ちくまプリマー新書 902円

 地球温暖化など環境問題を解決するために必要とされている新たな倫理「環境倫理」。専門家がその内容を解説した。エコな暮らしをすればいいのか? なぜ生物の絶滅を防ぐ必要があるのか? など、本質的な疑問への答えを考えるヒントを提示。例えば住宅を解体すれば一生分のごみを出すことになるため、長期間使える「百年住宅」の取り組みが評価されるべきだといった意見を紹介する。環境問題を身近に考えられる貴重な入門書だ。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事