【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史アートな時間

上野の森に音楽の春到来! 「東京・春・音楽祭」2年ぶり開催=梅津時比古

「東京・春・音楽祭2021」で≪マクベス≫を指揮するリッカルド・ムーティ 提供/東京・春・音楽祭実行委員会
「東京・春・音楽祭2021」で≪マクベス≫を指揮するリッカルド・ムーティ 提供/東京・春・音楽祭実行委員会

クラシック 東京・春・音楽祭 東京・上野の森に音楽の春到来 1カ月に及ぶ演奏の数々に酔う

 今年ほど春が待ち望まれていることも少ないだろう。クラシック音楽ファンは、咲き乱れる桜と共に、音楽の春が来るのも期待する。「東京・春・音楽祭」はコロナ禍のここ2年、公演の中止や縮小を余儀なくされていた(公演できたプログラムもある)が、今年は感染対策を万全にして、桜と共に音楽を楽しめそうだ。3月18日(金)から4月19日(火)まで、上野の森を成す一帯、東京文化会館、旧東京音楽学校奏楽堂、東京芸大奏楽堂、飛行船シアター(旧上野学園石橋メモリアルホール)、国立科学博物館、東京国立博物館、東京都美術館、国立西洋美術館、上野の森美術館などに春の音の響きが満ちわたる。

 オープニングは、リッカルド・ムーティ指揮の東京春祭オーケストラによるシューベルト《未完成》交響曲。近年とみに味わいを増したムーティが、この名曲の孤独感をどのように表現するか。

残り865文字(全文1278文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事