教養・歴史書評

『資本主義の方程式』 小野善康著 中公新書 902円

『資本主義の方程式』 小野善康著 中公新書 902円

 従来型の経済政策である規制緩和や金融緩和、それに減税や現金給付はいまや効果がないと著者は指摘する。成長経済から成熟経済へと変わり、対策は根底から覆るというのだ。成長経済では短期的に起こる需要不足に対し、景気刺激策や市場機能の改善が有効だった。成熟経済となると総需要は慢性的に不足し、富の保有願望が強い。消費に回らないカネを政府が集め、環境や観光、芸術など民間市場に乗らない分野でサービスやインフラを拡充すべきと説く。(A)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事