教養・歴史アートな時間

天下の大泥棒・石川五右衛門の生涯。代々の得意演目を幸四郎が演じる=小玉祥子(舞台)

松本幸四郎の石川五右衛門 松竹提供
松本幸四郎の石川五右衛門 松竹提供

天下の大泥棒の友愛と野心 代々の得意演目を幸四郎演じる 舞台 三月大歌舞伎 増補双級巴 石川五右衛門=小玉祥子

 安土桃山時代の文禄3(1594)年に京の三条河原で釜煎りの刑に処されたことが記録に残る石川五右衛門は、日本の盗賊では指折りの有名人だろう。その五右衛門が主人公の「増補双級巴 石川五右衛門」が東京・歌舞伎座の「三月大歌舞伎」第三部で上演され、松本幸四郎が五右衛門を勤めている。

 幸四郎の曾祖父で明治から昭和期に活躍した初代中村吉右衛門が五右衛門役を得意とし、さまざまな演目で演じた。それを昨年亡くなった二代目吉右衛門が受け継ぎ、決定版として演じてきたのがこの作品である。

残り992文字(全文1282文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事