教養・歴史書評

『女性たちのフランス革命』 クリスティーヌ・ル・ボゼック著 慶応義塾大学出版会 2640円

『女性たちのフランス革命』 クリスティーヌ・ル・ボゼック著 慶応義塾大学出版会 2640円

 18世紀末に勃発したフランス革命で注目されてこなかった民衆層の女性たちの動きを取り上げた新しい歴史分析だ。革命前は男性を補完する存在としか見られず冷遇された。しかし、パンの不足と高騰に抗議したことなどが契機となり、教師や芸術家や労働者たちが社会の反発に遭いながらも自由と平等を求めて政治運動に参加。結果として離婚の合法化など不十分ながら成果につながった。逆境に立ち向かう彼女たちの姿に感銘を受ける。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事