教養・歴史書評

『女性たちのフランス革命』 クリスティーヌ・ル・ボゼック著 慶応義塾大学出版会 2640円

『女性たちのフランス革命』 クリスティーヌ・ル・ボゼック著 慶応義塾大学出版会 2640円

 18世紀末に勃発したフランス革命で注目されてこなかった民衆層の女性たちの動きを取り上げた新しい歴史分析だ。革命前は男性を補完する存在としか見られず冷遇された。しかし、パンの不足と高騰に抗議したことなどが契機となり、教師や芸術家や労働者たちが社会の反発に遭いながらも自由と平等を求めて政治運動に参加。結果として離婚の合法化など不十分ながら成果につながった。逆境に立ち向かう彼女たちの姿に感銘を受ける。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事