教養・歴史書評

『入門オルタナティブデータ』 渡辺努・辻中仁士編著 日本評論社 1980円

『入門オルタナティブデータ』 渡辺努・辻中仁士編著 日本評論社 1980円

 コロナ禍で人々の行動や消費を捉えるうえで、携帯電話の位置情報やクレジットカードの取引情報など、従来の統計とは異なるオルタナティブデータが注目された。その可能性と限界を利用例を交えて掘り下げる。業務から自動的に生じる大量のデータゆえリアルタイムで詳細に分析できる利点がある。一方、対象の偏りをはじめデータの癖を知らなければ分析を過ちかねない。この扱い注意の飛び道具、経済分析で不可欠となるから押さえておきたい。(A)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事