教養・歴史書評

『反資本主義が日本を滅ぼす』 木村貴著 コスミック出版 1980円

『反資本主義が日本を滅ぼす』 木村貴著 コスミック出版 1980円

 大手紙で証券・金融を取材してきたジャーナリストによる「反資本主義」批判の書。「世界の1%が富の半分を保有する」といった極端な経済格差の原因を資本主義に求める論調をさまざまな事例をもとに論破する。著者は政府と企業による「縁故主義」に侵された「不十分な資本主義」こそが問題であると指摘。批判の矛先は、ピケティ氏や岩井克人氏ら内外の著名経済学者から、「アベノマスク」にまで及ぶ。安易に政府の財政出動を求める風潮に一石を投じる(I)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事