教養・歴史書評

『上海』 工藤哲著 平凡社新書 1012円

『上海』 工藤哲著 平凡社新書 1012円

 銀行で出迎えるのは人ではなく無人ロボット。街を歩けば歩行者の動きを監視するデジタル信号機。上海は今、世界で最も急ピッチのデジタル化が加速する都市として知られる。新聞社の特派員として赴いた著者は、こうした都市の変貌とその背後にある格差社会を描く。と同時に、そうした中でこそ絶えない「草の根交流」も紹介してくれていてホッとする。日本のアニメやカレーが上海の人々にどう受け入れられているかなど興味深いエピソードに注目だ。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事