教養・歴史書評

『中国が世界を牛耳る100の分野』 高橋五郎著 光文社新書 990円

『中国が世界を牛耳る100の分野』 高橋五郎著 光文社新書 990円

 安全保障や経済の領域で米国と対立する中国。しかし、中国研究家の著者は「勝利の女神がほほえむのは中国」と推測。その根拠として影響力を行使している100の分野の現状を詳細に解説する。上海の株式市場に世界のマネーが集まり、人工知能(AI)の活用で最先端を走り、大量に生産されるEV(電気自動車)は日本市場にも流れ込む。劣勢ではあるが、著者は海外企業と合従連衡するなど、日本が競争に勝つための戦略も指南。勇気付けられる。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事