教養・歴史書評

『実践 医療現場の行動経済学』 大竹文雄、平井啓編著 東洋経済新報社 2640円

『実践 医療現場の行動経済学』 大竹文雄、平井啓編著 東洋経済新報社 2640円

 人間には心理や感情があり、必ずしも合理的な経済活動をするわけではない。この点に着目して研究する行動経済学が、医療現場で起きているさまざまな課題に対しどのように寄与できるのかを追求した前著『医療現場の行動経済学』は医療関係者のみならず企業や自治体関係者のあいだでもロングセラーになった。本書は実践編として、具体的に現場でどのように行動経済学が活用されているのか、数々の事例を紹介する。いますぐ使える技が満載の本。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事