【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史アートな時間

5人の盗賊が絶妙の掛け合い。尾上右近、夢見た待望の役で本公演=小玉祥子

『弁天娘女男白浪』弁天小娘菊之助=尾上右近 撮影:永石 勝
『弁天娘女男白浪』弁天小娘菊之助=尾上右近 撮影:永石 勝

舞台 團菊祭五月大歌舞伎 弁天娘女男白浪 盗賊5人が圧巻の立ち回り 尾上右近が待望の弁天小僧

 女装の盗賊、弁天小僧菊之助が主軸となる河竹黙阿弥作の人気演目「弁天娘女男白浪」が、東京・歌舞伎座の「團菊祭五月大歌舞伎」第三部で上演され、尾上右近が本公演では初めて弁天小僧を演じている。

 初演は文久2(1862)年の江戸・市村座。十三世市村羽左衛門(後の五世尾上菊五郎)が弁天小僧をつとめて大評判を取り、出世役ともなった。

 初演時の題は「青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)」。五幕構成だが、最も多く上演されるのは、「浜松屋見世先」と「稲瀬川勢揃い」で、今回もこの形態を取る。「白浪五人男」とも呼ばれるように、活躍するのは日本駄右衛門(にっぽんだえもん)を頭とする南郷力丸(なんごうりきまる)、忠信利平(ただのぶりへい)、赤星十三郎(あかぼしじゅうざぶろう)、弁天小僧の5人の盗賊(白浪)だ。

残り934文字(全文1331文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事