教養・歴史アートな時間

マルタ・アルゲリッチが聴ける奇跡。多数会場で実現決定!=梅津時比古

    クラシック 第22回別府アルゲリッチ音楽祭2022

     同じ時代を生きて幸せだと思える演奏家がいる。もちろん数少ないだろうが、たとえば、鬼籍に入ったピアニストで言えば、コルトーがそうであったろうし、ホロヴィッツ、リヒテル、ギレリス、アラウあたりの名前がたちどころに浮かぶ。

     バイオリニストでは、オイストラッフ、ミルシテイン、グリュミオー、メニューイン、指揮者ではフルトヴェングラー、クライバーあたりだろうか。これはやはり、実際に聴くにしかず、のところがある。

     どれだけCD、LPなどの録音を聴いているファンでも、「実際に聴いたよ」と言われると、今後もう二度と聴ける可能性は無いだけに、黙ってしまうしかない。事実、これだけの演奏家になると、なんとも絶大なる存在感がそのまま音楽になっている(筆者は上記の名前で言えば、コルトー、グリュミオー、フルトヴェングラー以外は聴いている)。

    残り918文字(全文1304文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事