教養・歴史アートな時間

植民地支配に関わったオーウェル。理想と現実に引き裂かれる姿描く=濱田元子

第26回公演「エーリヒ・ケストナー~消された名前~」の一場面 菅原康太撮影
第26回公演「エーリヒ・ケストナー~消された名前~」の一場面 菅原康太撮影

舞台 劇団印象─indian elephant─

「ジョージ・オーウェル ~沈黙の声~」

ディストピア小説の巨匠を主役にナショナリズムとの葛藤を描く

 思想や言論が統制される全体主義社会を描く小説『1984年』。英国の作家、ジョージ・オーウェル(1903~50年、本名エリック・アーサー・ブレア)が1948年に執筆した、ディストピア小説の金字塔だ。

 2017年に発足した米国のトランプ政権をほうふつさせるとして、世界的ベストセラーになったことでも知られる。

残り1118文字(全文1343文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事