教養・歴史書評

『資本主義全史』 的場昭弘著 SB新書 1045円

『資本主義全史』

的場昭弘著 SB新書 1045円

 資本主義とは「つねに利潤を獲得するために、休むことなく動き続けるしかない社会」なのだという。資本主義が歴史の中で生まれたものなら、いつかは消え去る運命なのか。時代と国によって資本主義の姿は異なる。スミス、マルクス、ハイエクなど多くの経済学者の研究を読み解くことで資本主義の本質に迫る。あくなき利潤追求はいずれ行き詰まる。それでも経済システムには資本主義しかないというなら、それは寂しくて危険だと著者は言う。(H)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事