教養・歴史書評

『最後の防衛線 危機と日本銀行』 中曽宏著 日経BP 4620円

『最後の防衛線 危機と日本銀行』

中曽宏著 日経BP 4620円

 日本銀行での40年間、著者は三つの危機に対峙(たいじ)した。1990年代後半の金融危機では、「最後の貸し手」として破綻金融機関の処理に当たり、金融システムの崩壊を瀬戸際で食い止めた。2008年のリーマン・ショックでは、各国の中央銀行と協定を結んでドルを供給し、国際金融システムを守った。そして13年にリフレ政策へと転換し動揺する日銀内部において、副総裁として融和に努め、組織の瓦解(がかい)を防いだといえる。実務家による貴重な記録。(A)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事