教養・歴史書評

『なぜ新型ウイルスが、次々と世界を襲うのか?』 マリー=モニク・ロバン著 作品社 2970円

『なぜ新型ウイルスが、次々と世界を襲うのか?』 

マリー=モニク・ロバン著 作品社 2970円

 鳥インフルエンザやエボラ出血熱に苦しんだかと思うと、今度はさらに大規模に全世界を覆う新型コロナのパンデミック。人類は、なぜこうも次々と新たなウイルスに襲われ続けるのか。ジャーナリストでドキュメンタリー映画作家でもある著者は、感染症学やウイルス学、進化生態学など62人にもおよぶ各分野の専門家にインタビューを行い、ウイルス発生のメカニズムを追究する。そこで見えてきたのは生態系と生物多様性の破壊がもたらす深刻な現状だ。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事