教養・歴史書評

『トカイナカに生きる』 神山典士著 文春新書 990円

『トカイナカに生きる』 

 神山典士著 文春新書 990円

 郊外から都心に移動するのが通勤だが、新型コロナ以降、東京都からの転出者増をはじめ、「逆流」が起きている。経済評論家・森永卓郎氏が名付けた「トカイナカ」(都心から電車で1~1.5時間エリア)を書名にした本書では、「トカイとイナカのいいとこ取り」でいま何が起きているか、豊富な実例をリポート。農業との出会いや古民家暮らし、家=住所を持たない若者の生き方など、ノンフィクション作家で自身も二拠点生活実践者の著者が紹介する。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事