教養・歴史書評

『トカイナカに生きる』 神山典士著 文春新書 990円

『トカイナカに生きる』 

 神山典士著 文春新書 990円

 郊外から都心に移動するのが通勤だが、新型コロナ以降、東京都からの転出者増をはじめ、「逆流」が起きている。経済評論家・森永卓郎氏が名付けた「トカイナカ」(都心から電車で1~1.5時間エリア)を書名にした本書では、「トカイとイナカのいいとこ取り」でいま何が起きているか、豊富な実例をリポート。農業との出会いや古民家暮らし、家=住所を持たない若者の生き方など、ノンフィクション作家で自身も二拠点生活実践者の著者が紹介する。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事