教養・歴史書評

『ビジョンとともに働くということ』 山口周、中川淳著 祥伝社 1760円

『ビジョンとともに働くということ』

山口周、中川淳著 祥伝社 1760円

 働くこと、経営することの根幹にあるのは「ビジョン」である。ビジョンこそは経営資源であると考える本書は、創業300年の奈良の小さな老舗を全国規模にまで成長させた中川政七商店のビジョン「日本の工芸を元気にする!」を格好の実例として展開する。著者は同社の代表取締役と、経営コンサルタントとして多くの人に行動を促すパブリックスピーカーの2人。建前ではなく、長い時間を経てもブレないビジョンを築くためのヒントがここにある。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事